結婚したくない男の同棲ブログ

休日は家にいたい。旅行なんて行きたくない。とにかく一人でいたい。そんな「結婚したくない男」。とあることから彼女(相方)と同棲することになってしまった。

指定席持ってないのに居座ってる輩なんなの?

 

たまに見る光景。

 

新幹線の指定席にチケットをもたずに、なかなか堂々と座ってる人。

 

「すみません」でどいてくれればカワイイもので、中には不機嫌になったり被害者ヅラしはじめる輩までいます。

 

ボクも何度か遭遇したことがあります。

 

外人のファミリーが座っているときがありました。よくシステムがわかってなかったようです。山ほどスーツケースを抱えていたので移動するのに20分ほど待ちました。

でもこんなのかわいいものですよ。

 

まぁ、こういうときっていちいち声をかけるのも手間なんですよね。

「あのー」みたいな。

だって予約してる席なんですから。

あいてて当然じゃないですか。

 

「きたか~」とぬかしたおじさんもいました。なんで新聞広げてリラックスしてるのか意味不明です。

このときはきっちりお話させて頂きましたが、そもそもボクがイライラするのもおかしい話で、なによりその時間がもったいないのです。

だって予約してる席なんですから。

 

「チケット交換してください」っていってきた子連れの若い奥さんもいました。

「どこの席ですか?」

「デッキです。」

「…。」

それ交換っていうか、強奪やんけ。

しかも子どもをダシにうんたらかんたら言ってきたので、車掌を呼んで追い払いました。

だってボクが予約してる席なんですから。

 

子どもの泣き声にはそんなにイライラしませんよ。デッキ行け、と思いますけど。

仕方ないです。子どもは泣くもんです。そしてなにより予約してる席ですから。

 

ただ、チケット持ってないのに座ってる行為は許しません。

車掌に確認して、車内購入しなさいよ。

ラッシュで買えない?そんなの知らねーよ。そっちの都合でしょ。まきこむな。

 

新幹線のチケットは1ヶ月前から買えます。混雑時期でも1ヶ月ならほぼ確実に購入できます。

急に乗らなきゃいけなくなる場合もあるでしょう。でもそれはこっちにはまったく関係ないことです。

 

結局、声をかけても居座ってる人って、事前準備ができない人か、不測事態に対応できない輩のどちらかなのです。

 

そして関わると、嫌な気持ちで終わるだけなので、最悪です。

最悪ですが、退治するしかありません。

普段は避けるのですが、新幹線は避けられない事情になることがあります。

 

グリーン車のれ?

はい。

 

なんて思いながら、年末です。