結婚したくない男の同棲ブログ

休日は家にいたい。旅行なんて行きたくない。とにかく一人でいたい。そんな「結婚したくない男」。とあることから彼女(相方)と同棲することになってしまいました。

子だくさんのひとも日本の少子化を心配して子供作ったわけじゃないでしょ。

 

月並みな話題ですが、少子化が叫ばれています。

婚活や妊活という言葉もだいぶ定着してきました。

 

子供がいる人は日本に貢献していて、いない人はなにやってんねん、早く(結婚して)子供作れみたいな空気感になっているように感じます。

 

その感じは、子供のいる人が日本に貢献しているような形になっています(それはそれで大変でしょうけど)。

が、その人たちも別に「日本の少子化に歯止めをかけよう!」と意気込んで子供作ったわけじゃないと思うんですよね。快楽ですよね。少なくともボクは、快楽に打ち勝つ自信がありません。

 

不可抗力(できちゃった)だったり、少なくとも片方以上が意図しない限り、子供なんてできません。

そのときに「オレは私は日本のために!」なんて思って子作りしてる人が何人いるのかな、と。

 

実際、出産する女の人の年齢は若い人が多いわけ(生物学的な理由も含め)で、その人たちがそんなこと考えて子作りするかは疑問です。

 

結果子供ができて、おまけに(日本の)時代がそういう空気だったってだけの話です。

 

仮に日本が少子化推奨の流れだったととしたら、何人がそれを意識して子作りできますか?

 

今婚活していたり、子供がほしいひとも、理由は日本のためじゃないと思います。

だから政府とか偉そうなひととか(実際えらいんでしょうけど)が「子供をうめ」とかいうと、怒るわけですよ。自分の人生プランや個人の感情に入り込まれているようで。

そういうこと言ってくる人たちは子供いますからね。

 

日本が滅びる的な話だと逼迫した問題ですけど、実際世界の人口は増えてるわけで(食糧難とか就職難とか環境問題とかよくわからないですけど)そのサイズでそう考えると、日本は優秀なんじゃないかとも思ったりもします。

 

ボクみたいに、家でゴロゴロしてコーラ飲みながらゲームしたり、と思えばワイワイ飲み行ったり、まぁインドアなのかアウトドアなのかは置いといて、とにかく何歳になっても好きなことをしていたい。っていう人もいます。

友達とルームシェアするのが楽しいんじゃないかとか。

ロボットがお世話してくれるとか気楽に考えたりとか。

 

どっちかとったら片方は諦めざるを得ないことって、結構あります。

100円しかなかったらコーラとオレンジジュースは買えないし、結婚したら別の人とルームシェアは厳しいし、子供がいたら毎日飲み歩くことは難しいし。

 

難しい問題に偉そうに提言する気は全然なくて、言いたいことは「こういう選択権があることが幸せ」なんじゃないかと思います。

 

そして結局は「人それぞれ」ってことかなぁ、なんて(都合よく)思ったりします。