結婚したくない男

歯医者なんて儲からないっての。

嚥下障害のスクリーニング「MWST」

嚥下機能の状態を確認する方法のひとつに「MWST(Modified Water Swallowing Test)」があります。

 

日本語いうと「改訂水飲みテスト」です。

 

方法

冷水3mlを口腔底に注ぎ、嚥下をする。

嚥下後に反復嚥下を2回施行。

 

評価点が4点以上なら最大2施行繰り返す。

最も悪い状態を評点とする。

 

 

評価

1点・嚥下なし、むせる、呼吸切迫

2点・嚥下あり、呼吸切迫

3点・嚥下あり、むせる、湿性嗄声

4点・嚥下あり、むせない、呼吸良好

5点・4に加え追加嚥下運動が30秒以内に2回可能

 

 

繰り返し行うことで「偶然」うまく嚥下できた状態を避けるようにします。

一度口腔底に水を貯めることで、テスト開始をしっかりと観察します。

 

口から水を出したり、反応がない場合は判別不能とします。

 

このテストも「指示が入るか否か」がとても重要になってきます。