結婚したくない男

歯医者なんて儲からないっての。

「たべること。息をすること。」摂食、嚥下機能障害のかんたんな話。

「摂食機能」とは「食べること」。

「嚥下機能」とは「息をすること」。

 

難しい言葉を噛み砕くと、こういうことになります。

 

つまり

摂食機能や嚥下機能の障害とはこれらの破綻を意味します。

 

「食べること」は「生きること」でもありますが、

「食べること」自体を楽しみにしている人は多いです。

 

ここに障害が起こると、摂取することに精一杯になり、果ては命がけの行為になります。

なぜ命がけになってしまうかというと、そこに「誤嚥」と「窒息」のリスクが存在するからです。

 

「誤嚥」とは「食物や唾液が気管内に侵入すること」。

「窒息」とは「食物が気管を塞ぎ、息ができなくなること」。

 

摂食嚥下障害が抱える大きなリスクは「誤嚥」「窒息」なのです。