結婚したくない男の同棲ブログ

休日は家にいたい。旅行なんて行きたくない。とにかく一人でいたい。そんな「結婚したくない男」。とあることから彼女(相方)と同棲することになってしまった。

1ヶ月で2回大腸内視鏡検査を受けたボクが語る「検査に関わる全てのこと」vol.12「挿入(2回目)」

検査

 

名前を呼ばれ検査室へ。

精神安定の薬を注射されベッドに横になります。

 

そこへ先生が登場。

「うーん、これ大丈夫だと思うけどなぁ。多分、脂肪腫だよ。」

「えっ?!」

 

脂肪腫とは、良性の脂肪細胞のかたまり(腫瘍)です。

紹介状の中に前回の内視鏡の映像が同封されていまして、それを見ての見解でしょう。

 

脂肪腫?悪いものじゃないのか。。よかった。。」

と安心したのも束の間。

「とる?」

「えっ?(2回目)」

「紹介状書いて、人に切除を頼むのは簡単だけどさぁ。。」

 

先生曰く、脂肪腫で悪いものではないし、中に動脈が走っている可能性があるので出血リスクが高い。だからこのままでもいいとおもうけどねぇ。

とのこと。

 

いやいやいや。切ってくれ。」←心の声

なんたって2回目です。何もしないで終わったら、2回とも入れられ損?です。

 

とは言いつつも、「まっ見てみようか。」内視鏡を挿入。

少しお腹が圧迫されますが順調に我が腸内を進んでいきます。

あっという間に盲腸まで到達。

ここからカメラを戻しながら観察です。

ボクもその映像を見ています。

「ふんふんふん♪」

なぜかノリノリの先生。

 

さて、何事もなく例のポリープまで戻ってきました。

「じゃ切るよ〜」

「よっしゃー!」←心の声

カメラの先からリングが出てきて、その中にポリープを引っ掛けます。

 

と同時に電気が。といっても腸内は痛覚がないので鋭利な痛みは感じません。

ポリープの根元から出血しています。

 

「あ〜、やっぱり血管走ってる。ちょっと頑張ってね〜」

血管が太くなかなか切断できません。

患部をガスで膨らまして何度か電気を。

この膨らませている間は、お腹パンパンで相当苦しい。

 

時間にして数分。

やっと切除できました。

今度は患部をクリップでとめていきます。

5本くらい使って、クリップしました。

 

これで終了です。

切除中は長く感じました。

 

着替えて少し安静にした後、先生から診察結果のお話です。

 

それにしてもお腹減った。。

 

vol.13へ