結婚したくない男の同棲ブログ

休日は家にいたい。旅行なんて行きたくない。とにかく一人でいたい。そんな「結婚したくない男」。とあることから彼女(相方)と同棲することになってしまった。

1ヶ月で2回大腸内視鏡検査を受けたボクが語る「検査に関わる全てのこと」vol.6「いざ検査。」

8月中旬
大腸内視鏡検査(1回目) 

 

 
さて前準備も終わり、お尻の部分がペロッとめくれる服に着替えます
 
そしていざ本番へ。
 
 
まずは看護婦さんが腸の動きを抑える薬を腕に注射してくれます。
 
そのままベッドに左側を向いて横になり、あとは先生を待ちます。
 
「じゃ、はじめるよ〜」
 
軽い感じで先生が登場。
 
そのまま肛門にヌルッとした感じと同時に、中に何かが入ってきました。
 
カメラです笑
 
少し圧迫されるような感じがしますが痛みはそれほどありません。
 
カメラはそのまま腸の中を進み、5分ほどかけて盲腸に到達しました。
 
まずは奥まで入れて、戻しながら内部を観察していくのです。
 
 
ボクも映像を見ることができるので、先生の説明をうけながらじっくり自分の腸内を関学です。
 
さて、帰り道も半ばを過ぎた頃
 
「あ〜、残念。ポリープあるねぇ。」
 
先生が言いました。
 
残念って。。
 
「ここでは切れない大きさだから、紹介状書くね。」
 
マジですか。。
 
結局、ポリープを一つ発見して検査は終了。
 
その後、着替えて診察室へ。
 
要約すると
「S状結腸にポリープあり。15mmほど。サイズとしては結構大きめのため、切除できず。早めに切りましょう。」
とのこと。
 
こうして、1回目の内視鏡検査は終わりました。
 
直後に食べたうなぎが死ぬほど美味しかった。
と同時に、心がモヤモヤしてきました。
 
体の中に、何かいるわけですからね。
 
うーん。
 
歯のことは知っていても、大腸のことは全くと言っていいほど知らないぞ。
解剖実習したけど覚えてないや。
 
ということで
 
まずは、大腸について調べること、同時に病院探しをすることにしました。
 
vol.7へ