結婚したくない男の同棲ブログ

休日は家にいたい。旅行なんて行きたくない。とにかく一人でいたい。そんな「結婚したくない男」。とあることから彼女(相方)と同棲することになってしまった。

1ヶ月で2回大腸内視鏡検査を受けたボクが語る「検査に関わる全てのこと」vol.5「大腸内視鏡検査の前準備」

8月中旬

・胃の内視鏡胃カメラ

 

・大腸の内視鏡の前準備について

 

 

8月中旬。

同日に胃と大腸内視鏡検査。

 

まずは午前中に胃の内視鏡
先生曰く「ちょっと食道が荒れてるけど、お酒かな?」
ということで、胃は異常なし。(あれ?・・・)
 
その後、大腸の内視鏡にむけて病院の控え室で準備。
 
さて、大腸内視鏡は事前の準備が結構手間なのです。
 
大腸内視鏡検査の前準備
 
前日から食事制限。
野菜(繊維質)や海藻は禁止。
前日昼は粥状の柔らかい内視鏡用の食事のみ。
前日夜から断食。
就寝前下剤(錠剤)服用。
 
 
検査当日。
検査2〜3時間前から下剤(液状)服用。
1.5リットルの下剤を2時間かけて飲み干す。
ニフレックという薬で、薄いポカリスエットみたいな味がする。
 
 
便に濁りがなくなって、ちょうどリポビタンDのようになったら、やっと準備完成です。 
 
このニフレック、「美味しくない」というレビューを見かけますが、ボクはそれほど苦になりませんでした。
飲み始めて1時間もすると、強烈な便意が何度も訪れます。
 
ボクは、トイレが付属された個室で過ごしていて、ちょうど夏の甲子園高校野球)がテレビでやっていました。
1試合は丸々観戦できましたね。
 
そして検査です。
 
 
vol.6へ