結婚したくない男の同棲ブログ

休日は家にいたい。旅行なんて行きたくない。とにかく一人でいたい。そんな「結婚したくない男」。とあることから彼女(相方)と同棲することになってしまった。

1ヶ月で2回大腸内視鏡検査を受けたボクが語る「検査に関わる全てのこと」vol.1

6月上旬

・人間ドック予約

 

6月下旬

・だるさと腹痛で近所の内科受診

・風邪との診断(抗生剤と解熱剤が処方)

 

 

さて、先日まで体調があまり良好ではありませんでした。

最近になりやっと落ち着いてきたので、今までの経過を何回かに分けて書いていこうと思います。

 

ストレスでお腹が弱くなる人には特に読んでほしいです。

もちろん、これから大腸の内視鏡検査を受ける人にも。

 

これからの話はすべて2015年の話です。

 

6月上旬。

上に書いたように人間ドックを予約したことから話は始まります。

人間ドックを受診しようと思ったきっかけは、しばらく健康診断をうけてないことにふと気づいたことです。

ならばついでにと思い立ちました。

ただの気まぐれに近いかもしれません。

メールでのやり取りの結果、7月8日に決まりました。

通常の健康診断項目に加えて、バリウム検査、超音波検査、精密な血液検査がおこなわわれます。

 

さて6月中旬

最初の症状は喉が痛いことでした。おまけに乾燥がひどく、夜間の痰に悩まされるようになりました。

耳鼻咽喉科にいって鼻の内視鏡で調べたところ、鼻に強い炎症があるとのこと。

なので抗生剤を処方されました。

1週間後、喉と鼻の症状が少し治ってきました。しかし同時に、今度は倦怠感が発現してきます。

 

そのまま6月下旬

ダルさは継続していました。加えてお腹の調子も悪くなってきたので、近所の内科を受診。

再び風邪と診断され、抗生剤と解熱剤を処方されます。

この時、7月8日に予定している人間ドックへの影響を懸念しはじめました。

万全の状態で受けたいですからね。

 

そしてその状態のまま7月になりました。

人間ドックまで1週間。

 

次回vol.2へ

prandium.hatenablog.com