結婚したくない男

歯医者なんて儲からないっての。

良好なコストパフォーマンスのデートが、一番の武器となる理由。

給料が上がったり、ボーナスが入ったりすると、お金持ちになった気分になります。いい服を買ったり、美味しいご飯を食べに行くことも多いでしょう。いいことですね。たくさん結果を出して、どんどん経済活動に参加しましょう。

 

さて、所得が増えると、女の子に対してもいい格好をしようとしたくなるものです。身につけるものから、ゴハンのお店から、旅行先まで。羽振りがいいところを見せたいですよね。しかしこれらは、女の子にモテる、ということに関して逆効果になることが多々あります。

 

コンフィデントスピリット。モテるために一番重要なこと(2015/01/28)のエントリーで書いたように、仕事を頑張った結果でお金を持つことは、自分の自信になります。

ここで勘違いしやすいのは「コンフィデントスピリット」と「いやらしさ、傲慢さ」は全く違うものであるということです。「ひけらかし」でもありません。もし「金持ち(アピール)」=「モテる」が成り立つならば、所得の順にモテることになりますね。でも現実はそうではありません。女の子にお金の量であなたを判断させてはいけません。圧倒的お金持ちを除けば、小金持ちなんて吐いて捨てるほどいます。背伸びをする必要はありません。仕事で成果を出さなければならない一番の意味は、自分を取り巻く特別な雰囲気を得られることです。そして、自然とお金は後からついてきます。自信と抱き合わせで。一石三鳥です。

 

初めてのデートで、クソ高いレストランを予約する必要はありません。そんなことをしても、女の子に集中できず額に汗をかいたまま終わるでしょう。その状態ではコンフィデントスピリットなんて吹っ飛びます。

テクニカルな話をすると、ここで重要なのは、店の「場所」と「間取り」です。まず生活エリアのなるべく行ったことがあるお店をチョイスしましょう。これだけでもコンフィデントスピリットが発動します。そしてカウンターを予約します。

初めてのデートのお店選びの基本はこれだけです。

2人分のコストは、学生なら6〜7000円、20代社会人で10000円くらいでしょうか。無理をする必要がないのでコストパフォーマンスも悪いはずがありません。

 

普通の居酒屋で上手くいって、高価なレストランで失敗することはあっても、

普通の居酒屋で失敗して、高価なレストランで上手くいくことはありません。

  

勝つためには、自分の勝てるフィールドで、勝つべくして勝つのです。

それが恋愛においても仕事においても、最も大切なことなのです。