結婚したくない男

歯医者なんて儲からないっての。

歯科医師国家試験を終えたばかりのきみたちに伝えたい「2つ」のこと。

今週末に今年度の歯科医師国家試験が実施されました。108回目です。

早速仲間内で自己採点をしている人、とりあえず爆睡する人、彼女を家に連れ込んでいる人、すべての受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

ここから3月18日の合格発表までは、神のみぞ知るですね。春桜の咲く時期まで楽しんできてください。

 

気が早いですが、少し先の話をしておきます。

 

4月から今日の受験生のおよそ7割は、「歯科業界」という超レッドオーシャンに何も知らないまま放り込まれます。そこには可愛がってくれる先輩もいれば、あからさまに煙たがる上司もいます。笑顔の下で内心君たちを疎ましく思っている先生もいます。

 

研修医として働き出すと、誰からともなくこんな話が出始めます。うまく印象がとれなかった。初めて麻酔をした。あいつの病院はどんどん治療させてくれる。こんな患者がきた。何もできないどうしよう・・など。

ここでまず確かなことがあります。君たちは、初めて勤める医療機関の色に例外なく染められる、ということです。治療方法からカルテの書き方、患者への対応、器材の置場所のような細かいところまで全てにおいて。同期の間で差がついているように感じて、不安になることもあります。しかしそんなことは全く心配いりません。基本の治療はどんな人でも必ずできるようになります。そのうち、インプラントが・・とか言い出すでしょう。

 

歯科医師1年目の先生(の卵)たちへ伝えたいことは2つです。

 

まず、自信を持ちましょう。前に紹介したコンフィデントスピリットですね。仕事でも恋愛でも同じです。国家試験では「痛がっている患者を拒否する」という選択肢は、禁忌肢でしょう。しかしボクは、自信がない歯医者こそ禁忌を踏んでしまっていると思っています。自ら進んでたくさん経験してください。そのために上司は上手に利用しましょう。ムカつくときは舌を心の中で出しましょう。そして真摯な態度で治療してください。

 

もう一つ。「歯科医師」という見えない鎖にとらわれないようにしましょう歯科医師免許とは、医療行為を「してもよい」免許であって「しなければならない」免許ではありません。ボクは外に目を向けました。今も歯科以外の比重が大きい生活をしています。そのためにお金の勉強をしましょう。世の中の仕組みを知りましょう。稼ぐことは卑しいことではないと気付きましょう。そして自分がいかに小さな世界にいるか感じてください。特に、ボクと同じく歯医者に向いていないと思っている人は。

 

「忙しい」を言い訳にやらない人は、「忙しくない」ときにも何もやりません。

「忙しくない」今こそ大切に自分の時間を過ごしてください。

 4月に君たちを心からお待ちしています。

 

 

 質問あれば受付けます。